平尾台大会ニュース No.3  竪穴探検講習準備

 
ドリーネデッキ  平尾台大会では洞窟活動のさまざまな分野での講習会を実施しますが、
研究分野の講習とともに洞窟活動に不可欠な探検技術講習を行います。
  5月1日(土)、探検技術講習の一環として実施される「初心者の竪穴探検
講習」の準備が平尾台自然の郷で行われました。講師の田中顕治会員
(九州大学探検会)ほかの担当者が、講習会場となる高原音楽堂とはる穴
(深さ20m)を視察しました。講習では竪穴探検技術の基本であるワイアー
梯子昇降訓練を行います。はる穴は自然の郷整備中に発見された竪穴で、
「ドリーネデッキ」として一般入場者が竪穴の様子を観察できるように通路が
整備されています。竪穴観察ができる日本で唯一の施設でしょう。探検中は
自然の郷の久下洋一大会実行副委員長の現地解説もあり、写真のように
多くの見学者で賑わいました。
----------------------------------
 平尾台大会ニュース No.3
音楽堂 2004年5月13日
 編集・発行 平尾台大会実行委員会
----------------------------------
添付写真:高原音楽堂とドリーネデッキでの講習準備(撮影:浦田健作)