Menu (※画像を表示できない方はページ下部のメニュをご利用ください。)

洞窟学


日本の石灰岩

 日本には先カンブリア時代(5億7千万年以前)から新生代第四紀(現在)までに形成された 石灰岩が分布しています。個々の石灰岩の規模は小さいため、石灰岩地域の総面積は国土の 約0.4%にすぎませんが、北海道から沖縄・小笠原まで、日本各地にさまざまな石灰岩が見られます。  古生代から中生代に形成された石灰岩の多くは太平洋中の生物礁起源で、海洋プレートの 移動とともに日本列島にたどり着いたものです。新生代新第三紀〜第四紀(現在)の新しい 石灰岩は、おもに隆起サンゴ礁として南西諸島に分布します。  カルスト地形がよく発達する大規模な石灰岩台地は多くありませんが、山口県の秋吉台は カルスト台地の代表例です。このほかに、福岡県の平尾台や岡山県の阿哲台などが知られています。


日本の洞窟

 日本の洞窟は、石灰岩地域に数多く分布します。また、火山列島でもあり、富士山や八丈島 などに溶岩洞窟が多数あります。この他にも,海岸沿いには海蝕洞などの洞窟があります。 総延長が1kmを越える洞窟が73、深さ100mを越える洞窟が37確認されています。 また、観光洞も全国に80以上あります。


洞窟学の分野

 洞窟学は、様々な分野の研究のうち、洞窟に関連するものを集めて出来た学問です。 したがって、下記に示すような様々な分野での研究が関わっている。

洞窟調査協力依頼など


ホームページ | 洞窟学会案内 | 洞窟学情報 | 洞窟探検情報 | 洞窟Q&A | ニュース | 出版物
会員専用ページ | 関連サイト | 更新履歴 | 問い合わせ先 | 専門委員会 | イベント情報

Back to home